フォトグラファーへの道 玖・9 カメラシステム

なかなかカメラ持って海に行けず、これまでの事覚えているかな?と不安になるレッスンプロ。読者の方にも忘れ去られないように記事を書かなきゃね!と言う事で、ボケガール フォトグラファーへの道 第玖弾。今回はワタクシが組み上げたシステムをご紹介していきましょう!
b0370378_11172173.jpg
スタッフのSAWAちゃんが、今年9月に1ガンデビューを果たしましたが、デビュー戦が散々な結果に!こうなったらレッスンプロの知識を最大限に注入して、先ずはセブ島で1番の女性フォトグラファーを目指していく企画です。

これから1ガンレフを始めようかと思っている方、始めたけど良く分からな・・・という方にも参考になれば・・・
度々登場するレッスンプロとは、筆者のことで、自分で撮った写真は大したことはなく、教えた方々のほうがいい写真を撮るため、教えるプロに徹している!趣味程度に水中写真をやっているのだ!)

さて、プログラムオートで露出補正もやりましたので、そろそろカメラ自体をマニュアル設定で、色々と撮って行こうと思った矢先、ゲストが少なく中々カメラを持って海に行けない状態が続いています。まぁ~ガイドが仕事だから仕方が無いのですが・・・でもってブログアップもご無沙汰にしてしまうのは勿体ないので、今回組み上げたカメラシステムをご紹介していきましょう!(女性には興味のない話かもねー)
 
b0370378_11215764.jpg
先ずはカメラですが、ゲストから買い替えと言う事で頂きました、今から11年前に発売されました「CANON EOS Kiss Digital X」。これでも画素数は1.000万ですからまだまだいけます!そして現行のレンズ「CANON 100mmマクロUSM」をオークションで落札。これにジリオン製のフォーカスギアを装着しています。
b0370378_11215631.jpg
ジリオン社製のハウジングとINON製のストロボも頂きました。これにポートを買い足し、一先ず水中撮影出来るようにしました。ジリオンのハウジングは非常にコンパクトかつ軽量なので、女性には扱いやすいでしょう。この利点を最大限に活かすことが目標です。先ずはグリップベースですが・・・
b0370378_12172001.jpg
これまた昔に違うゲストから頂きましたINON製のグリップベース。今でこそ拡張性がありますが、その当時は使用できるカメラが限られていたりで、頂けたのです。これを1ガンに装着できるように、青の四角で囲った突起部分を糸ノコで切り落としました。またグリップの上部、青丸の部分は必要ないので、軽量化のために切り落としました。
b0370378_11331703.jpg
そしてハウジング底部のネジ2か所で止められるようにしたので、エントリー/エキジット時の受け渡しなどで、外れることもなく安定感抜群です!次にストロボを付けられるように・・・
b0370378_11352366.jpg
レッスンプロの宝箱に眠っていたスライドベース、これも青の四角の部分を糸ノコで切り落とし、先ほどのグリップベースにボルトオンです!
b0370378_11402734.jpg
青い丸で囲った部分です。ステンレス製のボルトとナットで固定。既に20ダイブほどしていますが、全く問題ありません!そしてSEA&SEA社製のショートアームでストロボも直付けです。
b0370378_11444924.jpg
INON社のストロボはご覧のようにネジで直接取り付けることが可能です。当初はステンレス製のナットを中間に入れて、長さ調節していました。しかしオートフォーカスメインのピント合わせの時、どうしても水中は暗い環境が多いので、ターゲットライトが無いと厳しい条件です。そこでこのシステムのままライトもつけられる様にしました。
b0370378_12002798.jpg
ライトはSAWAちゃんが以前から持っていたINON製の物ですが、ライトホルダーはレッスンプロの宝箱からジャンク品を出しました。そうそう、このライトホルダーを使っている方が多いと思いますが、六角レンチで止めるネジの部分、物凄く塩ガミしますのでご注意ください。防止方法はネジの部分にグリスをたっぷり塗って締めることです!まだやっていない方は今すぐGO! で、ここからジャンク品の良いところ!
b0370378_12002891.jpg
YSアダプターの部分ですが、片方を糸ノコで切り落としました!元々割れてしまた所なので躊躇なく!で先ほどのストロボを止めるナットの部分にこれを入れ替えます
b0370378_12061881.jpg
b0370378_12063710.jpg
これでストロボとターゲットライトが1つにまとまり、撮影中に向きを気にしたりしなくても済みます。これで全ての部品を取り付けて、マクロシステムの完成です!
b0370378_12081179.jpg
ターゲットライトが絶妙な場所についています。そうそう、このレンズにはフォーカスギアも装着されているので、マニュアルフォーカスも可能です。当然グリップアームを握ったままフォーカシング可能です。そしてその左手でターゲットライトのON/OFFも可能。右手はシャッターレバーに集中なので、カメラの右側を基本的に触らないのが水中の鉄則です(右手を離したらシャッター押せない=シャッタチャンス逃がす)
b0370378_12120439.jpg
と言う事で、ジリオン社製のハウジングの利点、軽量、コンパクトを残しつつライトのON/OFF、ストロボ調整、マニュアルフォーカスも最小の動きで出来ます。必要最低限しか付けていないので水中では非常に軽いです。SAWAちゃんでも片手で撮影可能なほどです。よく1ガンのイメージって「カニみたい」ってアーム長くて・・・ってありますが、こんなんで充分ですよ。

と言う事で、レッスンプロのこだわりが集結したハウジングシステムの紹介でした。
これから1ガン始めてみよう!という方は、販売店でコンパクトに組み上げてもらってください。店員さんの言いなりだと「今後ワイドをする時にアームがあった方が良いですから・・・」とか言われ、本当に「カニ」みたくなってしまいますよ!アームを買い足すのはワイドをやる時で良いですよ。ワイドとマクロは全く違う物なので、同じに考えてはいけません。



[PR]
by go-photo | 2017-10-20 11:00 | 独り言